• ホーム
  • 女性の不感症を治療する薬があるって本当?

女性の不感症を治療する薬があるって本当?

2020年07月07日

性行為が気持ちよくないと感じる場合、男性の勃起不全が関わっているケースが目立ちますが、女性側に問題があることも意外と多いです。
勃起が不十分だったり挿入時間が短かったりするなときは、ほぼ男性側の原因だといえますが、男性器の挿入があっても感度が悪いことで悩んでいる女性もいます。
いわゆる不感症なのですが、不感症の原因を特定するのは難しいため悩みが長引いてしまうのです。

ストレスなどが関わっていることもあるため、まずは生活習慣などを見直すことが大切なのですが、それだけで不感症の症状が改善されるとは限りません。
十分な挿入時間がある性行為で全然気持ちよくならないのであれば、不感症を改善させるための対処をする必要があります。
医療機関で専門的な治療を受けることが望ましいですが、女性用バイアグラを用いた対処も効果を発揮するのです。

女性用バイアグラは、男性が服用するための通常のバイアグラとは異なる性質があります。
バイアグラは勃起を助けるわけですが、女性用バイアグラは感度を高める働きをするのです。
それぞれ違う効果が出てくるものなので、不感症に悩む女性はバイアグラではなく女性用バイアグラを服用しなければなりません。
適切な薬を選ぶようにしないと、効果が出ないだけでは済まず、重大な副作用につながるリスクもあります。

長年にわたって不感症でつらい思いをしてきた女性は、不感症の症状を改善させるのは無理だと思ってしまうものです。
しかし、適切な薬を用いれば少しずつ改善させることができます。
女性用バイアグラとしてもっとも知られているのはラブグラです。
ラブグラにはクエン酸シルデナフィルという成分が配合されているのですが、クエン酸シルデナフィルはバイアグラの成分と同じです。

ただし、成分は同じでもラブグラの代わりに男性用のバイアグラを服用することはできません。
女性が不感症を改善させる場合は、必ず女性用バイアグラを服用します。

女性用バイアグラの効果と服用方法

女性用バイアグラのラブグラを服用する場合、費用についても考える必要があります。
不感症の症状は男性の勃起不全と同様に、健康保険での治療が受けられないためです。
ラブグラの処方も健康保険適用外となり、全額が自己負担になってしまいます。
お金に余裕がない女性の場合、ラブグラをずっと服用し続けるのは困難です。

そこで役に立つのがラブグラのジェネリックだといえます。
ラブグラのジェネリックには何種類かがあるので、服用しやすいものを選ぶことが大切です。
たとえばジフルカンジェネリック・フォルカンなどがあります。
ジフルカンジェネリックはフルコナゾールとも呼ばれている薬で、期待できる効果はラブグラと同じです。
ジェネリックは元の薬と同じ成分で作られる薬なので、効果が大きく変わることはありません。

ジフルカンジェネリック・フルコナゾールという2つの名称があるのは、薬に製剤名と一般名とがあることが理由となっています。
ジフルカンジェネリックが製剤名、フルコナゾールが一般名です。
呼び方が異なるだけなので、効果などの違いはありません。

フォルカンは少し異なる特徴がある薬で、本来はカンジダの治療薬として使われています。
カンジダの治療をするときは、炎症を抑えながら膣に潤いを与えることが必要です。
膣に潤いを与えると膣分泌液の増加につながるため、不感症の症状にも効果を発揮することになります。
ただし、カンジダ治療で処方してもらう場合は保険適用ですが、不感症のために処方してもらうと保険適用外なので注意が必要です。

女性用バイアグラは薬なので、服用方法を間違えると副作用が起こりえます。
ラブグラは1回1錠を性行為の1時間ほど前に服用するのが基本です。
食事・アルコールと併用するのは禁物なので、必ず空腹の状態で服用します。

関連記事
精力の衰えを感じたら精力剤に頼るのも手

年齢と共に身体の各部位が老化現象を起こします。特別な病気等がなくても、こうした老化による要因で、自分でも老いを感じ始めるのが一般的です。昔から、この老化の始まりの自覚として、歯・目・マラがあると言われています。虫歯や歯周病が生じ易くなり、老眼の兆候で近くが見えにくくなり、そして勃起力が衰える精力減退...

2020年05月28日
バイアグラを入手する方法

バイアグラはシルデナフィルを主成分とする勃起不全の治療薬です。世界で最初に開発された治療薬なので、多くの患者を治してきた実績があります。副作用にはめまいや頭痛、顔のほてりなどがありますが、いずれも軽いものです。バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、PDE5という酵素の働きを阻害することでペニスを...

2020年02月29日
EDは原因によってタイプ分けされています

ED(勃起不全)に悩んでいる男性は少なくありません。若い人ではなんと10代でEDになってしまったという男性もいて、20代や30代の現役世代でも多くの方の悩みの種となっています。EDになってしまう原因は様々で、男性なら誰でもなり得る症状です。EDは原因に応じて心因性、器質性、混合性、薬剤性の4つのタイ...

2020年05月01日
EDと早漏の両方に効く!バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックとは、バイアグラの特許権が切れたあとに発売された後発医薬品のことです。主成分はシルデナフィルとなっており、効能や副作用や併用禁止の薬に関するまでバイアグラとまったく同じです。効果は同じですが、価格はバイアグラよりも安価となっているのが最大の魅力となっています。バイアグラジェネリ...

2020年04月03日
シアリスの主成分とその効果

シアリスの主成分タダラフィルは、他のED薬の特徴であるPEE-5阻害剤に分類されます。副作用や食事の影響が非常に少ないことと、何より効果の持続時間が長いのが最大の特徴とされます。これによって、利用者が飲むタイミングを計算するのが容易となり、他のものより安心して服用できます。まず副作用に関しては他のE...

2020年03月09日
レビトラとレビトラジェネリックの種類と特徴

性行為をするときに勃起しないのは、男性にとって非常に深刻な悩みだといえます。勃起しないままでは挿入できないため、つらいのは自分だけでなく、相手の女性をも嫌な気持ちにさせてしまうのです。そのため少しでも早く勃起障害の症状を改善させなければなりません。年齢の影響で勃起しにくくなることもありますが、全てが...

2020年03月05日
バイアグラジェネリックと先発品、効果に違いはある?

男性機能不全であるEDの治療薬として有名なバイアグラですが、現在は特許も切れてジェネリックが続々と開発されています。バイアグラジェネリックは後発薬なのですが、先発薬との違いはあるのでしょうか。バイアグラは日本では1999年に製造販売承認が出ましたが、特許の保護期間があり2014年までバイアグラジェネ...

2020年03月02日